読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふかみんの日々の記録。

主婦が右往左往するブログ。

二次創作サイトを閉鎖しました。

こんにちは、深見琉璃です。

エイプリルフールじゃないですよ。

 

15年くらい続けていた二次創作サイト「カラーレンジャー」を、この度閉鎖しました。

閉鎖のお知らせすら出来ずに消えてしまいました。ごめんなさい。

 

情熱が消える、ということ

開設してから長い間「一生続ける!」と思い続けてきました。404が表示される消えてしまったサイト、更新停滞したまま数年が経っているサイト…

あんな風にはなりたくない、絶対ならない、という確固たる自信がありました。

 

ぜーんぶ本当で、間違いだった。

 

偶然にも縁を得て、お付き合いを始めた。

浮気をしているような罪悪感が、手を鈍らせた。

仕事と理想の生活が両立できなくなって鬱になった。

子供が産まれた。

二人目も産まれた。

 

「ずっと続く」という自信を持っていた時には、私の人生には起きるはずもないと諦めてすらいた出来事だった。

 

大人たちはどうして変わってしまうのだろう、どうして続けていかないのだろうと、怒りすら持っていた。

 

人間は、もしかしたら女性は特に、人生のステージが変わると、考え方も何もかもが変わってしまうのだろう。

 

妄想力は、衰えたけども失っていない。

 

無くしたのは、作品に仕上げる情熱。

 

言い訳をするならば時間もないし、余裕もない。自分だけのために贅沢に全てを使える、本当に贅沢な時間が終わってしまったのだ。

 

少し前までは「子供が小学生になったら」とか「老後は」とか考えて残そうとしていた。

けれどもそれは「今の自分が時間的自由を手にいれる想像」でしかなく、よく聞く話のように老いた私には妄想力すら残っていない可能性すらある。

 

一年たった数千円のアカウント代。

それすらも、今の生活のために注ぎ込みたい。一年の間に支払いの時期にしか思い出さなくなったサイトに使ってる場合ではない。

 

 

腐女子は不治の病?

こっちは信じていいのかな?

ぴくしぶにアカウントあるし、何か情熱が燃え上がったときは、そっちで公開できるといいなぁ。